Ajaxでサーバにアクセスする場合の処理をまとめる

2018-08-08 01:46:39

 ツリー型の技術系の記事をまとめるシステムの作成の続きを行っています。

‌ これを作るに当たってPHPとJavaScriptを連携させるためのアダプタライブラリを作ったのですが、そこに改良を入れました。アクセス回数を極力減らすため、JavaScript側からのデータの入出力要求をまとめるというものです。まとめられた命令はsetTimeoutの0遅延のタイミングで実行されます。

‌ これによって同じタイミングで発生するサーバとのデータのやりとりが一回で済むようになります。Ajaxを使ったプログラムは、頻繁にサーバとのやりとりをする問題がありますが、今回の改良で回数がかなり減るようになりました。

‌ もともとデータをまとめて要求する機能自体はつけてあったのですが、要求命令を使うときに自分でまとめる必要がありました。今回はバラバラに要求しても勝手にまとめます。以前の命令と整合性をとるためにプルグラムを書いていたら、コードが少々複雑になってしまいました。