Webページ高速化、バックエンドとフロントエンド

2018-09-15 13:46:27

 Qiitaの記事でWebページ高速化ネタがありました。その中にリクエスト数の最適化というのがあります。CSSやJavaScriptのファイルを極力一つにまとめるというものです。それによってTCPのコネクション数を減らそうというものです。ぶっちゃけいうとHTTP/2環境では不要です。自動的に1コネクションで必要なファイルを複数転送します。

 他にもいくつかあって内容がフロントエンドの話なわけですが、そもそもWebサイトそのものを高速化させたいなら小手先でフロントエンドをいじっても意味がありません。たいていの場合、ボトルネックになるのはバックエンドのDB部分です。ファイルをくっつけている暇があるなら、クエリーの見直しをした方がよっぽど高速化に貢献できます。

 そしてフロントエンドでブラウザのキャッシュについて考えている暇があるなら、バックエンド側でセッションのキャッシュについて考えた方が、DBへのアクセス数が減って応答速度が上がるのです。