AdSenseの審査が通らない理由

2018-10-06 07:46:05

 AdSenseの審査用に作ったWordPressのサイトがコンテンツ量が少ない系の理由で審査落ちしました。作ってから3日しか経っていないので、Googleのキャッシュに溜まっていないというのが大方の理由だと思うのですが、一つ嫌な予感がしています。


 もしかしてソースコードが文字数に数えられていないのではないか?空雲リファレンスの方の内容はほとんどがプログラム系の解説記事なので、ページの大半がソースコードです。あれが意味不明な文字としてカウントから外されている可能性があります。そしてツリー型システムのため、1ページあたりの文字数が少ないのです。可読性を優先してそういう構造にしているのですが、それが裏目に出ている可能性があります。

 私はSPAのシステムを作り続けてきた人間なので、項目ごとに分解して記事の表示を切り替えるというのが当たり前なのですが、世の中がそういう世界ではないことを今更ながらに思い出しました。システムがSPAで無い場合、参照したい複数の項目が別ページにまたがっていたらストレス以外の何者でもありません。

 ということは項目ごとの記事をWordPress側にそのまま持って行っても、再び審査落ちし続けることになります。対策があるとすれば、複数ページに分けてしまっている項目を1ページに統合することです。面倒ですがやるしかありません。