2018年10月以降の新規AdSenseアカウントの仕様とサイトの追加に関して

2018-11-27 03:02:40

 2018年10月以降のAdSenseアカウントは制限が厳しくなっています。一つのサイトの審査が無事通った後、さらにサイトを追加するとき、必ず審査が入るようになりました。新規よりマシなのは、いつでも審査をキャンセル出来ること、複数サイト同時に審査の申請が出せることです。審査に関しては優先して行ってくれるらしく、結果が来るのが早い感じでした。


 また、追加の場合でも審査対象のアドレスに制限を受けるようになっています。独自ドメイン必須、サブドメイン不可(wwwも含めて)です。新規の場合はwww付きでも対象にすることが出来ましたが、追加申請ではそれが出来ません。これはおそらくGoogleが意図してそういう仕様にしたわけでは無く、何も考えずに制限のみを追加した結果、そういう仕様のシステムになったと思われます。

 さらに新規の場合はコピペ用の審査コードが再表示可能でしたが、追加審査中の場合、該当する機能が見当たりません。これも制限機能の導入のみを優先して行った結果だと思われます。

 ちなみにサイトの設定の基本ドメインにサブドメンを設定する機能はありますが、設定してもwwwは審査対象になりません。またドメインが承認された後は、サブドメインの設定の有無に関わりなく広告が表示可能です。あのサブドメイン設定は広告の種類を設定するためのグループ化にしか使われないようです。