JavaScriptのWindowフレームワークでListView

2018-12-29 13:22:52

 Steamでゲームを購入したら、一週間ほど時間が経過してしましました。とりあえず作業中だったJavaScriptのListViewクラスの作成を行って、面倒な部分の実装がだいたい終わりました。


 GitHubに動作サンプルを公開してあります。



 Ajax用のサンプルデータを提供してくれるサイト(https://randomuser.me/)を見つけたので、そこからデータを引っ張っています。サンプルなのでIDとかPasswordとかはランダム生成らしいです。

 JavaScriptのGUI実装系では、このWindowsライクなListViewが最も面倒で、ラスボスどころか裏ボス並の難易度です。縦スクロールにヘッダを巻き込まない、しかし横スクロールはヘッダも移動、そしてヘッダを引っ張ったらサイズを可変にする。たったこれだけなのに、JavaScriptとCSSを駆使しないと実現できません。さらにアイテムの選択にCTRLやSHIFTを押した場合の動作も追加してあります。

 とにかくヤバいほど面倒くさかったです。以前のライブラリでもListViewは実装していたのですが、完全に一から作り直しました。おかげで以前のものにあった問題点がかなり解消されています。