仕事納め

2019-03-29 13:14:00

 本日、現在の仕事の最終日でした。最後の仕事のほとんどは、職場の来年度のWindowsPCのインストール作業です。


 2月末からこの時期まで、インストールしたマシンは700台超です。基本イメージをVHDX化してネットワークから配布し、それをネイティブのドライブにコピーするという形です。この際、にコンピュータ名を部屋番号と内部番号の規則で付け直す作業も発生します。そしてコンピュータ名の割り当て作業だけは手動でやらなければなりません。

 コンピュータ名割り当て作業のために、起動後の管理者の自動ログインと、共有領域に仕掛けてあるBATファイルを自動実行する細工をイメージに組み込んでおきます。BATには部屋番号まで設定しておいて、残りの内部番号を各マシンのキーボードから入力してエンターを押せば、コンピュータ名を変更して勝手に再起動します。

 コンピュータ名さえ付いてしまえばリモートから命令を流し込むのは簡単なので、そこから自作のリモート管理ツールでドメインへの参加などの指示を出します。この管理ツールはリモートで複数のマシンにBATを流し込んだり、タスクスケジューラに設定を書き込んだり、レジストリをいじったり出来ます。こういうものを用意しておかないと、この規模のマシン管理などやっていられません。

 Windows系のインフラ管理で最も必要なのは、BATファイルがサクッと組めるかどうかです。これが出来ないと延々と同じことを繰り返す無駄な作業が発生します。bash等と比べると糞仕様の文法ですが、標準で用意されているのがこれとPowerShellなので、その中でなんとかするしかありません。そしてなんとかならなかった部分を自作の管理ツールで補いました。

 ちなみに自作管理ツールはC++と自作GUIフレームワークで構築し、余計なDLLを一切使っていないので、リカバリー用のコマンドプロンプトからでも起動が可能になっています。

 4月は全力有給消化で、5月から晴れてフリーランスです。ただ、私の残したシステムの保守やインフラ周りの問題があるので、そこはまた契約し直すことになります。

 ちなみに明日は現在の職場の花見に参加です。出張銚子丸で寿司が食べられます。